半分のレモン

ほどほどなシンプルライフを

アロマテラピーの資格はあえて取得しなくていいかも

香水のはっきりしたキツめな香りがあんまり好きではなくて、もっと自然の良い香りの香水は無いものか...とずっと探していたのだけど、

それが最近になって、私がもとめていたのものは精油の香りであることに気が付いた。

 

精油というのは所謂エッセンシャルオイルとかアロマオイルとか言われているもので、イメージは植物の香り成分が濃縮されているようなもの。

生活の木というアロマテラピーとかハーブ関連商品を扱っている専門店で、精油を買ってきて、無水エタノールと合わせてパルファンを手作りしてみたら、とってもいい感じ!

植物の香りにすっかりはまってしまってます。

 

そんなこんなでアロマテラピーとかに興味が湧いてきて、資格とかとって詳しく勉強したいなあと思っていたのですが、

いろいろ調べてみた結果、資格取得はあえてしないことに決めました。

 

≪アロマ関係の資格を取得しない理由≫

①資格の種類が多すぎる

アロマテラピー検定などのメジャーな資格から、環境カオリスタなど聞いたことないマイナー資格までさまざま。

それに、アロマテラピー検定はアロマの入門資格という位置づけのようで、その上位資格としてアロマテラピーアドバイザーやアロマインストラクター、アロマセラピストなどなどほかにもたっくさんの資格があるみたいです。

資格取得を始めたらきりがありません。

 

②資格の維持費用が高い

資格を取得した後、資格登録料や年会費などがかかります。

例えば日本アロマ環境協会(AEAJ)では、年会費が¥12,000かかります。日本メディカルハーブ協会(JAMHA)だと年会費¥8,000のようです。

 

③その資格がなければできないということがない

例えば税務相談などは国家資格の税理士しかできないし、医療行為は医師しかできないと決まっています。でも、アロマに関しては資格取得者しかできないということがないです。資格を取得しなくてもアロマ関連のアドバイスとか、関連商品の販売などできるはず。

もちろんアロマ関係の仕事をされている方はアロマ関連の知識や技術の証明として、資格取得をする意味は大いにあると思います。ただし、民間資格に年会費数万円もかける必要性があるのかとか、費用対効果を考えるとわたしは必要性は感じないです、今のところ。

 

以上により資格は取得しません。関連書籍で知識や技術は深めていきたいとはおもってはいます。

資格ビジネスのカモにならないように、気を付けて...

【終了】≪kindleセール≫世界史・日本史の教養本が18円セール(2019/5/12まで)

※こちらの記事内容で紹介したkindleセールは終了しております。

 

kindleのセールで

令和(018)記念!18円&99円キャンペーンがやっておりました!

すかさず18円のもののみ全購入しましたので、ご紹介いたします。

 

下記がセールのページのURLです。

https://www.amazon.co.jp/s?rh=n%3A2250738051%2Cn%3A%212275265051%2Cn%3A%212275277051%2Cn%3A6809490051&s=price-asc-rank&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&qid=1556797126&ref=lp_6809490051_st

18円のものと99円のものが混在してますので、価格が安い順番に並べ替えて18円になっているものを先に表示するとわかりやすいです。

 

西東社という出版社のセールみたいですね。

世界史と日本史関連の教科書みたいな内容の本がたくさんセールになっています。

 

サンプルで中身を確認しましたが、18円なのに、クオリティーすごいです。普通に紙でも出版されてる本なので、中身の信用もできますし、かなりおすすめです。

 

私が購入したものは18円のもののみで、数えてみると13冊ありました。

なので、18円×13冊=234円。安すぎます。

 

私が購入したのは、世界史、聖書、日本の城(カラー版)、ブッダの教え、論語(カラー版)、日本の街道(カラー版)、日本史(カラー版)、古事記日本書紀(カラー版)、世界の宗教、太平洋戦争、三国志、幕末・明治維新(カラー版)、戦国史(カラー版)の全部で13冊。

カラー版と白黒版がありますが、どちらも中身は数ページ確認してみたところ、おそらく同じだと思われます。同じ本を重複して購入しないように注意です。

 

少しずつ読みながら教養ある大人になれるように頑張ります。

 

≪マツコの知らない世界≫あんこの世界

マツコの知らない世界で、あんこが特集されていたので、自分の備忘録として紹介されていたものを記載します。

 

あんこはあんこ専門の業者がつくっていて、製餡所というそうなのですが、そこから和菓子店などに卸されてます。和菓子屋さんが餡をつくっているんじゃないんですね。

製餡所は全盛期は全国で1000カ所あったそうなのですが、今は270カ所に減っています。

 

さて、紹介されていた製餡所は4つ

①キノアン(木下製餡)

小豆の皮を贅沢に取り除いてなめらかさを追求したこしあん、と紹介されていました。吟醸匠のこしあん¥702(税込)/500g

 

②望月製餡所(東京都大田区

特注釜でアクの雑味を限りなくゼロにした、つぶあん小倉あん¥500(税込)/500g

岡常製糖の鬼ザラ糖を使用。

 

③松原製餡所(兵庫県神戸市)

300種以上のフレーバーあんこ。マツコが食べていたのは、ラムネあん、キャラメルマキアートあん、クリームチーズあん、赤ワインあん、きなこフレッシュ、特別栽培粒あん

個人的には赤ワインあんが気になる。あんこの味もあり赤ワインの香りもあり、とマツコさんは言っていたけど、全然想像がつかない!

 

④清水製餡所(神奈川県横浜市

あずきキャンデー¥100。乳成分を使わず、あんこを固めて1本1本手作りなのだとか。かわいいおばあちゃんがやってて、しかも良心的な価格で、素朴なパッケージで...ってもう超応援したくなっちゃいます。

 

製餡所に注目してあんこを味わう楽しみ方が増えました。

ビジネスレザーファクトリーが気になる

最近ビジネスレザーファクトリーという革小物のお店が気になって仕方ない。

デザインとか価格とかコンセプトとか、これまで自分が求めてきたことにピッタリ。

 

①シンプルなデザイン。ビジネス向けなので、すっきりしてる。

②豊富な色から選べる。全部で13色かな。革製品なのに茶色や黒色だけじゃなくて、白・ピンク・黄色・紺・パープルなどなど、選べるのって結構珍しいと思う。

③本革なのにお手頃価格。たとえばトートバッグは¥7,999~。この価格帯で本革製品が買えるのはすごい。合皮じゃないのよ、本革なのよ。

 

バッグ・財布・キーケース・ブックカバー・スマホケースなどなど一式買い替えてもいいかも・・・と夢広がる~。

 

シンプルな生活に憧れていて、持ち物のテイスト・色を統一したいので、ビジネスレザーで買い揃えようとたくらみ中。持ち物の色を白で統一したいんだけど、すぐ汚れそうだから迷ってる。やっぱりブルー系にしようか。

いつもの13色だけじゃなくて、その月限定のマンスリーカラーというのもあって。4月はカームグリーン、春らしいちょっと淡い緑。5月はどんな色かなあ。好きな色が出た月に買おうかなとか、タイミングを見計らい中。

 

自宅近所にお店がないから購入に踏み切れないってのもある。オンラインショップもあるけれど、まずは実店舗で実物を見てみたいなあ。

4/26に東京駅の八重洲店がオープンしたらしいので、そこが一番行きやすいかな・・・。近くに行ったら寄ってみよう。

 

ビジネスレザーファクトリーのHPのURL貼っときます。

https://business-leather.com/

あ、特にお店の関係者でもないし、利害関係もありません。お店に行ったことないし。ただ応援してますってだけでした。

 

ブログはじめました

お試しでブログはじめました。

wordpressはてなブログで迷ったけれど、まずは無料でお試しできるはてなブログで。

健康とかスキンケアとか節約とか、自分の好きなことを好きなタイミングで発信しようと思ってます。

よろしくお願いします。